企業セキュリティ

オールインワンの企業データセキュリティ

クラウド上で常時利用できる強力なデータセキュリティを設計

スマートデバイスとクラウドにより従来のセキュリティ境界が拡張され、データがどこに置かれているかに関係なく、安全に保護および復元することが必須となっています。

企業データ保護とデータセキュリティに対するクラウドの力

組織にとってデータセキュリティは最優先事項であり、バックアップソリューションも例外ではありません。Druvaは企業データセキュリティのために設計されており、転送時およびDruva Cloud Platformでの保存時のデータ保護を行います。

Druvaを誰かに推奨する必要がある場合、Druvaが提供するセキュリティと製品の使いやすさを確認するよう伝えてください。競合他社製品と比較すると、Druvaが最上位になることがわかります。

ニューオリンズ港の最高技術責任者、
David Cordell氏

顧客制御の暗号化

保存データはAES 256ビットで暗号化されます。セッションベースの暗号化キーは顧客組織専用のものであり、お客様がコントロールできます。Druvaはお客様データにアクセスできません。

複数階層のストレージセキュリティ

Druvaは転送中と保存中のデータ暗号化に加えて、実データとメタデータのストレージを分離し、Druvaコントロールプレーンからお客様データを分離します。保存中のデータ構造が難読化されるブロックレベルの重複排除と連動して、お客様の登録済み認証情報なしにデータにアクセスしたり再構築したりすることは不可能です。

管理およびアクセスのセキュリティ

企業データセキュリティはユーザーアクセス制御なしでは完全に行えません。ロールベースのアクセス制御 (RBAC) により、自助的な復元が行える一方、コンプライアンスとセキュリティ要件も実現します。SSOソリューションとの連携により、組織全体のIDおよびアクセス管理が確保できます。

Druvaの違い

お客様はエンドツーエンドの企業データセキュリティで情報を保護するためにDruvaを活用しています。Druvaのクラウドアーキテクチャは本質的に強力なデータセキュリティ基盤を持つAmazon Web Services (AWS) 上で構築されており、常時稼働する企業データセキュリティを実現します。高度なデータ損失防止機能とリモートデバイス暗号化とを組み合わせることで、従業員はどこからでも安全にデータにアクセスできます。

(SaaS) アプリケーションサービス

クラウド上の信頼できる共有セキュリティ

Druvaのアーキテクチャでは、クラウド基盤に組み込まれたセキュリティ以外にも、インフラストラクチャからアプリケーションまでソリューションスタック全体で企業データセキュリティを提供します。AWSはインフラストラクチャを保護し、Druvaはアプリケーションとデータに追加セキュリティを提供します。

(PaaS) 分散データベースサービス
(IaaS基盤) コンピューティング + ストレージ

DruvaはSOC 2 type II、HIPAA、FIPS 140-2、FedRAMP ATO、その他の監査や認証など重要な規制やフレームワークの準拠や認定を得ています。

始める準備はできましたか?
TEL: 03-4243-7137

Druvaのセキュリティ概要

クラウド上のデータ保護にはデータセキュリティの新しい枠組みが必要

アナリストレポート

Aberdeenはランサムウェア攻撃が企業組織にもたらした生産性、データ、収益の損失について調査しました。

comprehensive-guide-ransomware-recovery-protection

ホワイトペーパー

保護、検出、レスポンス、迅速な復旧を実現するDruvaのランサムウェア保護および復旧に関する包括的ガイド