Salesforceのバックアップとリカバリ

Salesforceのデータを完全に保護

Salesforce CRMの重要なデータとメタデータを、信頼性の高い自動的な日次クラウドバックアップで保護します

  • なぜ必要なのか
  • メリット
  • 操作画面
  • Druvaの特長
  • 詳細はこちら

Salesforceにはデータの自動保護機能はありません

ASaaS(Software-as-a-Service)アプリケーションを採用して大量のデータがクラウドへ移行される中で、データセンターに保存されている場合と同じく、SaaSアプリ内の重要データも損失や盗難、悪意あるサイバー攻撃の影響を受けやすいということが、多くの組織で理解されていません。

SaaSアプリでは顧客のデータが自動的に保護されているという誤解があります。実際にはSaaSアプリではその基盤自体を守るためのディザスタリカバリは備えていますが、お客様自身がデータ損失事故を起こした場合、同様の復旧サービスが提供されるわけではありません。Salesforceのようなアプリケーションの場合、バックアップやリカバリといった基本的なIT運用が見落とされがちです。SaaS型クラウドソリューションはもともと、データ復旧ではなく生産性向上のために設計されています。そのため、サードパーティによるSalesforceバックアップおよびリカバリの統合型ソリューションの導入が不可欠です。

シンプルで包括的なSalesforceのバックアップとリカバリ

Druvaは、Salesforceデータの完全保護を実現するための100% SaaSソリューションを提供します。信頼性の高い自動化されたデータとメタデータの日次バックアップと、高セキュリティでエアギャップのあるストレージを使った高速かつ容易なリカバリを組み合わせて、あらゆるデータ損失のインシデントを防止します。

Salesforceのデータ保護とサンドボックス・シーディングに関する考察

Salesforceバックアップのメリット

一元化・自動化された信頼性の高いバックアップ

Salesforceの重要なデータ(標準、カスタム、管理パッケージオブジェクトなど)を簡単に保護できます。

迅速かつ柔軟、きめ細かいリストア

シンプルなオンデマンドのポイントインタイムリストアにより、事業継続性を確保します。データのリストア時に、すべての親子関係を自動的に維持します。

高セキュリティなエアギャップのあるデータストレージ

AWS上に構築されたDruvaクラウド上で、ランサムウェアや悪意あるプログラムからデータを保護し、コンプライアンスに準拠した安全なオフサイトバックアップを確保することができます。

SaaSアプリケーションのデータ保護戦略を評価する

SaaSデータ保護の課題を解決する


SaaSのバックアップとリカバリ
 



Microsoft 365、Salesforce、Google Workspace、SlackなどのSaaSアプリケーションのバックアップを簡素化。コンプライアンスを遵守し、データの可視性を向上させます。

 

Salesforceのバックアップとリカバリの仕組み

Salesforceのデータを毎日クラウドから自動バックアップすることで、データとメタデータを保護します。

×

Salesforceのデータを迅速に復旧し、特定の時点に復元することで、あらゆるデータ損失事故から回復することができます。

×

リストア時に親子関係を維持するために子レコードを自動的に検出します。スクリプトや手作業で関連レコードを検出する必要はありません。

×

Salesforceの標準、カスタム、管理パッケージオブジェクトに加え、添付ファイル、コンテンツ、ナレッジ、チャッターなど、重要なデータをすべて簡単に保護します。

×

Salesforceのサンドボックスシーディングのための高品質なテストデータを実現し、コストと複雑性を大幅に削減します。

×
Druvaのサンドボックス・シーディングでより効率的にプロジェクトを完了させる

SalesforceのバックアップとリカバリはDruvaでどう変わるか

Druvaにより、重要なSalesforceデータが完全に保護されます。エアギャップのあるクラウド保護による安全な保管により、データは確実かつ簡単に復元されます。

データ損失の防止
 

  • データとメタデータの両方を毎日自動バックアップ
  • 標準、カスタム、管理パッケージのすべてのオブジェクトをバックアップ
  • 高頻度バックアップの実装

きめ細かく、タイムリーなリカバリ

  • 簡単なオンデマンドによるデータおよびメタデータのポイントインタイムリストア
  • 組織全体、オブジェクト全体、特定のレコード、またはフィールドのみの高速リストア
  • 2つのバックアップファイルの差異を比較

親子関係の維持
 

  • リストア時にすべてのリレーションシップを維持し、孤立したレコードを防止
  • 形式的IDを実装することで重複するレコードを回避
  • 異なるバックアップファイルを比較し、その違いを確認

データガバナンスとコンプライアンス

  • メタデータの検証ルールや必須フィールドを自動的に無効にすることが可能
  • コンプライアンスとGDPRの要件が効果的に管理される
  • フィールドをマスクし、データの安全性を保持する高度なデータ匿名化機能

データセキュリティの強化
 

  • インシデントに備え、コンプライアンスに準拠した安全なオフサイトバックアップを維持
  • データレジデンシーとデータ主権要件に準拠
  • デジタルエンベロープの暗号化により、静止時および移動時のデータを保護

予測可能なサンドボックス・シーディングによる効率化

  • フルサンドボックスと比較して、10~20倍の大幅なコスト削減を実現
  • 信頼性の高いテストデータ作成に必要な反復作業を排除
  • データシーディングに含めるべき関連データを自動的に検出

Salesforceのデータをアーカイブしてストレージコストを削減し、パフォーマンスを向上させる

  • 古いSalesforceデータをより低コストのストレージに安全に保存
  • データ増加によるパフォーマンスの低下が発生しない
  • ガバナンスや規制のための長期アーカイブポリシーを簡素化
サードパーティのSalesforceバックアップ&リカバリソリューションの検討
「サードパーティベンダーのリスクという観点からは、Druvaに軍配が上がりました。セキュリティ企業として、それは私たちの最優先事項ですが、Druvaは私たちの期待を上回るものでした。」

Expel社 副CISO デビッド ストイセスク氏

Salesforceバックアップに関する資料

アナリストレポート

ESGは、Salesforceのデータ保護とサンドボックス・シーディングの課題をDruvaで解決する方法について、最初の見解を示しています。

電子ブック

Salesforce のバックアップにサードパーティのデータ保護ソリューションが必要な理由トップ 6 をご覧ください。

ソリューション概要

重要な Salesforce データを完全に保護する方法をご紹介します。

始める準備はできましたか?