Slide

クラウドネイティブのデータ保護と管理

エッジ、オンプレミス、クラウドを網羅。オンデマンドかつ大規模

Cloud architecture

デモを依頼
front_cloud_platform back_cloud_platform

プラットフォーム

パブリッククラウドインフラストラクチャ上にネイティブに構築されたDruvaプラットフォームのコアは、飛行増加および構造化情報用のスケールアウト型セカンダリストレージアーキテクチャです。メタデータとデータを明確に分離することで、さまざまなユースケースで同じデータブロックを活用でき、複数ワークフロー向けにデータの価値を解き放つことができます。

メタデータ

データへの即時かつ効率的なアクセスと保存により、グローバル重複排除の基盤を提供します。

データ

マルチスレッドによるスケーラブルかつコスト効率の高いオブジェクトストレージによりI/O (入出力) が最大化されます。

キャッシュ

ローカルのオブジェクトキャッシュによりデータアクセスを高速化します。

自動階層型ストレージ

ニアラインおよびコールドストレージにより、コストとSLAに基づいて自動的に最適化されます。

インデックスエンジン

コンプライアンスおよび監査クエリ向けのオンデマンドなデータ解析準備データ

基盤

これらコア・セカンダリストレージアーキテクチャの技術革新は、プライマリプラットフォームのモジュールで使用される基盤であり、基盤として単一かつ共通のデータ群を用いて複数の並列ワークロードのデータ処理を高速に費用対効果高く円滑に行えるようにします。

単一インスタンスストレージ

帯域使用量、ストレージ使用量、システムコストを大幅に削減しながら、パフォーマンスを向上させます。

タイムインデックス化されたデータシステム

時間を基準としたデータの保存と復旧を即時に提供します。数年前のスナップショットのデータに瞬時にアクセスできます。

全文検索

コンプライアンスとeDiscoveryの要件に対応する強力かつ高速なグローバルデータの検索

サービス

データはバックアップとして一度だけ取得され、リストア、ディザスタリカバリ、検索、コンプライアンス、情報ガバナンスなど、複数のデータ保護要件で活用されます。共通のデータセットで複数のワークロードがサポートされると、企業のIT総コストを大幅に削減できます。追加でソフトウェアやインフラ、レプリケートされたストレージがなくても、組織はデータ管理を合理化し、事業全体の俊敏性を高めることができます。

ソリューション

Druvaでは統合された単一ダッシュボードにより、組織が世界規模の範囲でデータの回復性とガバナンスを管理できるようになります。包括的なデータセキュリティを持続するだけでなく、急速に変化する世界的なコンプライアンスおよびデータプライバシー規制も遵守できます。

Druva surpasses $2 billion valuation as it defines tomorrow’s data protection | Learn more sticky-promo-icon-carrot