Microsoft 365 (Office 365)

統合的なMicrosoft 365バックアップ

セキュアかつスケーラブルで費用効果の高いソリューションにより、Microsoft 365 (旧Office 365) のデータ損失を回避

Microsoft 365(Office 365)では共有責任モデルが適用されています。 Microsoftはプラットフォームの正常稼働を維持する責任を持つ一方、ユーザーはMicrosoft 365(Office 365)データの保護と長期保存に対して責任を持ちます。

なぜMicrosoft365(Office 365)バックアップが必要なのですか?

microsoft-365-architecture

Microsoft 365(Office 365)にはデータ保護機能が内在されていますが、アプリケーションごとにデフォルトの保存ポリシーが異なり、ユーザーにはバージョン管理やゴミ箱に関する幅広い知識がユーザーが求められます。これら機能のみ使用すると、組織のデータやプロジェクトが以下のリスクにさらされます。

  • ヒューマンエラーによる偶発的なデータ損失
  • 退職する従業員によるデータ削除
  • ファイル共有や同期によって助長されるランサムウェアの拡散
  • データ保存ポリシーが不十分だった結果として起きるデータ損失やコンプライアンス違反による罰則

Microsoft 365 (Office 365)
クラウドネイティブ型バックアップ

Druvaは、Microsoft OneDrive、Exchange Online、SharePoint、Microsoft Teamsだけでなく、エンドポイント、データセンター、SaaSアプリケーション、クラウドネイティブワークロードに対しても統合的なバックアップと保護を提供します。 専用のハードウェアやソフトウェア、リソースは不要であり、データ保護の不足を埋めることでMicrosoft 365(Office 365)を補完します。 当社のセキュアなSaaSプラットフォームにより、統一されたガバナンスポリシーとランサムウェア保護の対象としてMicrosoft 365(Office 365)データを含められると同時に、Microsoft 365(Office 365)のデータやプロジェクトに関して重要な洞察を得ることができます。

重要な企業データや共同プロジェクトを補完するためにOffice 365が利用されています。Druvaを使用すると、データの保護とアクセスが行えるようになります。Druvaクラウドプラットフォームにより、業務の拡大に合わせた拡張が簡単になります。鍵管理機能は数回クリックするだけで実行できるため、時間を節約してコンプライアンス管理を大幅に簡素化できます。

Workforce Software社 ITオペレーション部門ディレクター Peter Webber氏

Druvaの違い

"組織は単一ソリューションでDruvaのイノベーションとAWSの高性能インフラストラクチャを組み合わせた価値を享受できます。 Microsoft 365(Office 365)のバックアップ対象が拡大してもコンピューティングやストレージのリソースがエラスティックにスケールされ、IT部門が意識することなく運用できます。 Microsoft 365(Office 365)バックアップを単一のデータプール内に一元保存します。これにより検索、eDiscovery、訴訟ホールドを簡素化するとともに、組織が国際的規制や政府規制、訴訟ホールド要件、企業基準を遵守していることを確認できます。"

提供するメリット

Microsoft 365(Office 365)を補完するデータ保護

偶発的なデータ損失の防止

クラウドベースのデータ保護で3-2-1バックアップポリシーをサポート

被害が発生する前に内部脅威を検出、調査、レスポンス

自動検索とリストアによりデータを元の場所に復元

ランサムウェアの検出と復旧

データリスクの予防的監視と通知

データとメタデータの分離によりデータの無害化とリカバリを簡素化

ファイルや過去のファイルバージョンを復元するために利用可能な複数の復旧オプション

データコンプライアンス監視

Microsoft 365 (Office 365) のバックアップ全体で一貫したデータ保存ポリシー

ユーザーや管理者が行ったデータ操作の時系列ビュー

保存された機密データのリスクを特定して修復

訴訟ホールドとeDiscoveryの管理

SaaSソリューション、エンドポイント、データセンター、クラウドネイティブワークロードを横断した一元的な訴訟ホールドポリシー

ユーザーや期間ごとにポリシーを適用

サードパーティーのeDiscoveryツールと連携

クラウドネイティブ型データ保護および管理は、IT部門が定期的に遭遇するさまざまな問題に対するソリューションを提供します。Druvaはこのアプローチに合致しています。導入が簡単なこと、スケーラブルで操作が簡単なことが非常に気に入っています。

サンノゼ・シャークス ITディレクター Allison Aiello氏

始める準備はできましたか?
TEL: 03-4243-7137
eBook_O365

電子ブック

Microsoft 365 (Office 365) 向けにサードパーティーのバックアップソリューションが必要な5つの理由

0365-gorilla-guide

電子ブック

"Gorilla Guide to Comprehensive Microsoft 365 backup" で、組織をリスクにさらす可能性のあるMicrosoft 365(Office 365)データ保護の不足を見つけてください。

On-demand Webinar

オンデマンドのウェビナー

業界専門家による、Microsoft 365(Office 365)とデータ保護を活用してユーザーの生産性とコラボレーションを実現する戦略についての議論です。