Druva Cloud Platformによるクラウドプロジェクトの加速と保護

マルチクラウド展開の加速と保護

セキュアかつスケーラブルなクラウドネイティブ型バックアップおよびクラウドディザスタリカバリによる、マルチクラウド環境全体のデータ保護と一元管理

  • 重要な理由
  • 利点
  • Druvaの違い
  • 詳細を知る

複数クラウドの移行における根本的課題の解決

マルチクラウドの世界が新たな現実となりました。 現在企業向けアプリケーションのいくつかは「クラウドファースト」であったりクラウド上で開発されていますが、それ以外のアプリケーションはオンプレミスからマルチクラウド環境へと移行しています。 複雑で課題の多いクラウドジャーニーの中心となるのは、アプリケーションとデータ保護が根本的に必要となることです。

Druvaはマルチクラウド環境のバックアップとDRを単一画面で実現

Druva Cloud Platformは既存アプリケーションから移行中または移行済みアプリケーション、クラウドネイティブ、SaaSアプリケーションに至るまで、クラウドジャーニーのあらゆる分野を保護します。クラウドに期待されるセキュリティ、コスト効率、エクスペリエンスを提供するとともに、クラウドジャーニーの効果をすべての工程で保護および拡大します。

ソリューション概要を読む

Druva Cloud Platformの利点

Druva Cloud Platformはハイブリッド、クラウドネイティブ、SaaS型のアプリケーションをバックアップし、事業回復性を向上させ、クラウドプロジェクトの価値実現までの時間を削減します。

セキュリティと高可用性

さまざまな問題やランサムウェアからデータを保護し、可用性を高め、SLAに準拠した事業継続性を確保します。

低コスト、予測可能な総所有費用

ホスティングやリストア費用は考えなくてよくなり、透明性の高い消費ベースの課金モデルによりコストを自己コントロールできます。

フルクラウド環境向けのクラウドネイティブなデータ保護

メンテナンスやデータライフサイクルの雑務が不要になり、自社のデータおよびクラウドジャーニーのような、より重要な業務に時間を使えるようになります。

Druva Cloud Platformの詳細を見る

クラウドデータ保護で対処できる事例

Druva Cloud Platform のデモ

貴重なデータを保護するには、複雑なインフラストラクチャと高コストな管理が必要になることが多いです。そのため企業はデータ保護にクラウドを活用しようとしています。包括的なデータ保護戦略を実施することで、新しいクラウド関連のワークロードや取り組みへの対応、コンプライアンスの確保、より価値の高い業務への人員割り当てを実現させることができます。

Druvaクラウドプラットフォームの差別化ポイント

Druva Cloud Platformはセキュアかつスケーラブルなプラットフォーム、透明なビジネスモデル、一元化されたエクスペリエンスにより、クラウドジャーニーとそのバリューを保護します。

クラウドネイティブなアーキテクチャとテクノロジー

  • コスト効率面とセキュリティ面で継続的な改善が加わるプラットフォームを活用
  • 人手を介さずに日々拡張されるプラットフォームによりビジネスを拡大
  • 自社クラウド環境とプラットフォームを相互運用させることによる高効率化

いつでも利用可能なデータの「クリーンコピー」

  • 永久増分バックアップやディザスタリカバリによるデータの可用性確保
  • エンドツーエンド、転送時、プラットフォーム内での保存時にデータのセキュリティを確保
  • 全ワークロードにわたって適用されるポリシーによりデータ保存期間を簡単に管理

最もセキュリティの高い、インフラストラクチャ不要なプラットフォーム

  • エアギャップで守られる、世界規模かつ可用性の高いアーキテクチャを活用したデータ保護
  • 国や地域のデータ主権規制を遵守しながらデータを世界規模で管理
  • FIPS、FedRAMP、HIPAA、ITAR FISMA、SOC 2 Type IIで認定済みのプラットフォーム

一元化されたインターフェイス、ユニークな使用感

  • ポリシーによるワークロードの保護、管理にはWebインターフェイスのみを使用
  • 多要素認証やID管理によるアクセス制御
  • 組織のデータに基づく分析と推奨事項によりバックアップ効率を向上

コストの削減と管理につながる透明な課金モデル

  • データ量やユーザー数による全て込みの価格でコストを管理
  • ホスティング料金やリストア時の費用は不要であり、予期しないコストを排除
  • 費用対効果と可用性を向上させるDruvaクラウドオペレーションの強み

これまでにない柔軟性と拡張性

  • 即時保護 – 15分以内で導入可能
  • 事業のデータ要件に基づき自動でスケールアップ、スケールダウン
  • 迅速な管理者の作成、簡単な操作でデータ保護
DruvaのDR-as-a-Service(DRaaS)により、COVID-19パンデミック時に52個の本番ワークロードをAWSに迅速に移行できました。 これによりオンプレミスからクラウドへの移行プロセスが大幅に簡素化されました。

"Katz Media Group
ネットワーク・システムエンジニアリングマネージャー Marc Almodovar氏"

他のクラウドデータ保護関連資料

図解

AWSを活用したDruvaクラウドデータ保護ソリューションで企業が課題解決できること

ホワイトペーパー

単一の統合データ保護戦略により、SaaSアプリケーションのデータ保護における課題を解決

アナリストレポート

サードパーティ製クラウドバックアップを使用したAWSワークロード保護の改善策に関する提言

始める準備はできましたか?