Druva データレジリエンシー保証

全範囲を保証、侵害ゼロ、最高1,000万ドルまで。

データの損失とダウンタイムはランサムウェアに限ったことではありません。Druva データレジリエンシー保証は、サイバー犯罪、人的リスク、アプリケーションリスク、運用リスク、環境リスクを含む5つの主要なリスクから保護します。

  • リスク/SLA
  • 次のステップ
  • メリット
  • 関連資料

5つの主要なリスク領域に対する保護

データレジリエンシー保証は、一般的なデータ保護、セキュリティ、リカバリのソリューションに関連する保証を超え、以下のリスクから保護します。

サイバーリスク

内部または外部からの不正なデータアクセス、削除、盗難、改ざんのリスク

人的リスク

誤って削除してしまう、またはその他のユーザーエラーのリスク

アプリケーションリスク

データ保護アプリケーションの障害により、古い、不完全な、または失敗したバックアップが発生するリスク

運用リスク

ハードウェアの破損や劣化により、バックアップが不完全または使用不能になるリスク

環境リスク

ダウンタイムや復旧のためにバックアップにアクセスできないリスク

金銭的な裏付けがあるSLA

5つの金銭的補償のある(最高1,000万ドル)SLAにより、お客様のデータはこれらのリスクから保護され、安全に保たれます。このプログラムは、お客様がプログラムの要件を満たしていれば、すべてのお客様が無料でご利用いただけます。

100%
機密性

セキュリティ・インシデントの結果、お客様のデータが侵害されることがないことを保証します。

100%
不変性

ランサムウェアのインシデントが発生した場合、最後に成功したお客様のデータのバックアップが復元可能であることを保証します。

99%
信頼性

お客様のポリシーに従ってバックアップが正常に完了することを保証します。

99.999%
耐久性

バックアップされたお客様のデータが復元可能であることを保証します。

99.5%
可用性

期間中、クラウドサービスが99.5%以上の時間で利用可能であることを保証します。

Druva データレジリエンシー保証の詳細はこちら

1.

データレジリエンシー保証 が組織にどのように役立つかについてもっと知る。

2.

アンケートに答えて、IDC のレポート「Understanding the Data Resilience Challenge」を無料で入手する。

ランサムウェア対策だけでは足りません

データはランサムウェア以外の攻撃も受けています。
データに対する人的リスク、アプリケーションリスク、運用リスク、環境リスクが頻発し、ビジネスにも大きな打撃を与えています。

データ損失とダウンタイムに対する従来にない保護が利用できるようになりました。
. Druva データレジリエンシー保証は、5つの主要なリスクイベントに対してお客様のデータを最高1000万ドルまでエンドツーエンドで保護します。お客様のデータを常に安全にし、常に対策された状態とするよう、今すぐDruvaへお問い合わせ下さい。

関連資料

概要ビデオ

Druvaの製品マーケティング担当副社長であるJustin Augatが、データレジリエンシー保証について説明します。

ブログ

データレジリエンシー保証が、Druvaのお客様にどのような安心感をもたらしているか、最新のブログをお読みください。/span>

FAQ

データレジリエンシー保証についての、よくある質問をご覧ください。