Press Release

Druva、業界初のサイバー攻撃対策向けデータポスチャーとオブザーバビリティの革新的機能を発表

新機能により、企業はセキュリティ体制の強化とインシデント対応の迅速化が可能に

カリフォルニア州サンタクララ - 2022年7月19日Druva Inc. は、データポスチャー※1評価とオブザーバビリティ (可観測性) のための新機能を含むサイバー攻撃への対応機能追加により、サイバーレジリエンシー向けポートフォリオを拡大したことを発表しました。これらの高度なツールは、データセキュリティ体制の一元的な表示、データエントロピーの変化に対する深い可視性、データリスクを評価する能力を顧客に提供します。これらの技術革新により、企業はデータの復旧にとどまらず、業界で最も包括的なデータセキュリティの知見をもって、脅威に対する積極的な備えを行うことができるようになります。

セキュリティチームは、セキュリティインシデントを防ぐためにインフラストラクチャとアプリケーションのセキュリティに大きな投資を行ってきましたが、昨年はランサムウェア攻撃の66%が成功しました※2。FBIによると、米国におけるランサムウェアの被害総額は2021年に4900万ドル※3を超えるため、組織はこの拡大し続ける脅威に対抗するために本番環境とバックアップ環境の両方で実用的な洞察 (Actionable Insights) を必要としています。セキュリティチームは現在、セキュリティに対してインサイドアウトのデータ中心アプローチを取り、対応と復旧に重点を置くようになっています。

業界唯一のSaaSデータレジリエンシープラットフォームであるDruvaは、これまでにない底深さと幅広さのあるデータインテリジェンスを提供します。Druvaデータレジリエンシークラウドは毎日、あらゆる業種や企業規模の何千もの企業から得たテレメトリを分析し、ローカルとグローバルに関する傾向を識別します。このデータインテリジェンスが、現在お客様が利用できるセキュリティ状況とデータリスクに関する洞察を後押ししています。Druvaの包括的な機能を使用することで、お客様は今日のデータリスクをよりよく理解し、攻撃への備えを怠らないようにすることができます。

Cyber_Attack_Ready

Druvaの最高技術責任者であるスティーブン・マンリー(Stephen Manley)は次のように述べています。「データを保護するために製品や人材に多くの費用を費やしているにもかかわらず、組織はサイバー攻撃の被害に遭い、身代金を支払うという驚くべき事態が続いています。Druvaは、グローバルなデータリスクの可視化、セキュリティ状況の分析、エンドツーエンドでイミュータブルなデータ保持ポリシーなどの新機軸により、企業の防御と攻撃からの復旧を自動化する上で重要な役割を果たします。Druvaの業界をリードするSaaSデータレジリエンシープラットフォームに今回の機能が追加されたことで、お客様は環境全体にわたってセキュリティインシデントに備え、対応することができるようになります。」

Druvaの新機能は、以下のような多くの利点をお客様に提供します。

  • セキュリティコマンドセンター:グローバルなデータテレメトリーにより、バックアップ環境内のすべてのワークロードのデータとセキュリティリスクを一元的に把握することができます。
  • セキュリティポスチャー:組織のデプロイ状況に応じてカスタマイズされた提案により、セキュリティ体制を向上することができます。
  • データ監視機能: データの変更、アクセス、権限、管理者の活動、ポリシーの変更などを細かく可視化し、インシデント対応とリカバリを強化します。
  • 重要な変更のロールバック: 管理者権限によって重要データの削除があった場合でも、そのデータを復旧できることにより、認証情報の悪用や内部犯行者の脅威に対処します。
  • 100%のイミュータビリティ: 新しいデータロック機能により管理者によるデータの変更が行えないようロックできるようになりました。また、コンプライアンス目的でロック解除が必要になった場合でも、Druvaサポートへのリクエストで実施できます。

さらにDruvaは、100% SaaSデリバリーモデルで自動的に提供される隔週アップデートにより、データレジリエンシープラットフォームの機能拡張と改善を継続的に行っています。Druvaデータレジリエンシークラウドはゼロトラストセキュリティモデルで運用され、顧客のみがデータにアクセスできることを保証し、ロールバックアクション などの機能により、データを削除した後でも復元することが可能です。また、自動化された高速リカバリ機能により、データ全体を数分以内に復元することができます。

Druvaデータレジリエンシークラウドでエンドツーエンドのサイバーレジリエンスを実現

香港城市大学は、優れた研究と専門教育を追求するダイナミックかつ急成長中の大学で、25,000人の学生と5,000人の職員が在籍しています。公費で運営される機関として、学生の才能を育て、社会と経済の発展を支えるために応用可能な知識を創造することに尽力しています。

香港城市大学のシニアITマネージャーであるChris Fung氏は、次のように述べています。「本学のユーザーは、エンジニアリングとテクノロジーで有名な世界トップレベルの大学に大きな期待を寄せています。本学のデータはサイバー脅威から保護されなければならないため、統合的なソリューションを選択することが重要でした。ベンダーを選択する際には適切なセキュリティ認証があることを確認する必要がありましたが、Druvaがセキュリティにどれだけ投資しているかを理解すると、選択の正しさに確信が持てました。Druvaにより、ランサムウェアからデータを守ることができて安心です。」

リリース時期

Druvaのサイバー攻撃対応新機能は、2022年秋にDruvaデータレジリエンシークラウドで一般提供される予定です。

追加情報

  • ブログ:Druvaがどのようにシンプルかつ効率的にお客様の脅威への準備と対応を支援しているか、詳しくはこちら(英語)をご覧ください。
  • 動画: Druvaの新機能に関する概要(英語)をご覧ください。
  • ホワイトペーパー:ランサムウェアの時代において、組織がサイバーおよびデータの回復力を強化する方法について詳細(英語)をご覧ください。

※1 組織の全体的なデータ復旧に関する強度とデータ脅威の予測、防御、対応を実施できる能力。
※2 Sophos, State of Ransomware 2022. (2022年4月発行)
※3 Federal Bureau of Investigation, Internet Crime Report 2021. (2022年3月発行)

英語版プレスリリースはこちら

Druvaについて

Druvaは業界初で唯一の大規模SaaSソリューションであるデータレジリエンシークラウドにより、あらゆる組織のサイバー、データ、運用のレジリエンシー (復元性) を実現します。お客様はクラウドの導入を加速させながら、データ保護の簡素化とデータガバナンスの合理化を実現し、データの可視性と洞察力を得ることができます。Druvaは複雑なインフラと関連する管理コストを排除し、複数のリージョンとクラウドにまたがる単一プラットフォームによってデータレジリエンスを提供するSaaSベースのアプローチを開拓しました。Druvaはフォーチュン500のうち60社を含む何千もの企業に採用され、データ回復力の向上とクラウド移行の加速を実現しています。druva.com/ja/ をご覧いただき、LinkedIn, Twitter and Facebookで弊社をフォローしてください。

お問い合わせ

Druva合同会社
japan-sales@druva.com